高所作業車のエムシーサプライ
高所作業車専門 中古作業車   高所作業台   会社概要   問合せ

 トラック式高所作業車
 バスケット(スカイマスター)
 ・ AT-100TG
 ・ SK-099
 ・ AT-121TG(F)
 ・ AT-121TG(後方格納)
 ・ AT-130TG
 ・ SK-12A
 ・ SJ-12A
 ・ SJ-126
 ・ AT-155CG
 ・ AT-170TG
 ・ SK-210
 ・ AT-220TG
 ・ AT-230CG
 ・ SJ-240
 ・ AT-250TG
 ・ AT-255CG
 ・ SK-260
 ・ AT-270TG
 スーパーデッキ
 ・ AT-100S
 ・ AT-100SR
 ・ AT-115S
 ・ AT-120S
 ・ AT-120SR
 ・ AT-150ST型
 ・ AT-150SU型
 ・ AT-180S
 ・ AT-200S
 ハイパーデッキ
 ・ AT-400CG
 橋梁点検車
 ・ BT-100
 ・ BT-110
 ・ BT-200

 ホイール式高所作業車
 バスケット(スカイマスター)
 ・ AW-120TG
AW-185TG
AW-215TG
AW-250TG
AW-370TG
 デッキ/ステージ(リフト)
AP-40
GS-1930
SJ2-3220

 クローラ式高所作業車
 バスケット(スカイマスター)
AC-100TG
AC-121TG
 デッキ/ステージ(リフト)
AC-45SG
AC-65SG
HZ-90C
AC-125S
 ・

角度規制装置-安全装置

 作業規制装置とも呼ばれるが、作業床が設定された作業範囲を越えようとしたとき、ブームの作動を自動的に規制する装置で、高所作業車の転倒を防止するためのものである。


 図1は17m型高所作業車の作業範囲図であるが、Aの位置(最大角度で最大地上高さ)まで上げ、Bの位置までブームを倒したところで転倒防止のためブームは停止し、それ以上倒す事は出来ません。

 それ以上ブームを倒すには、規制範囲内にブームを少し縮める事により下げることが出来ます。

【注意】
 何らかの故障またはトラブルで、非常スイッチを使ってのブームの操作は、作動規制装置がキャンセルされるために転倒方向(ブームを伸ばす、または下げる)への動作は絶対にしないで下さい。


 図1
17型トラック式高所作業車の作業範囲図
 トラック式高所作業車の能力を最大限に
 使うためには、後方へブームを伸ばす事
◆フルブームタイプ

 架装シャーシの種類で高さはそれぞれですが、図2の作業範囲図のようにフルブーム(ストロークエンド)の状態でブームを縮めること無く倒す事の出来る機種もあります。
 使用前には必ず作業範囲図を確認してください。
 図2
12m型トラック式高所作業車の作業範囲図

高所作業車部品販売中古高所作業車会社概要安全の手引き
| Geine【ジーニー】 高所作業車Genie【ジーニー】 高所作業台(パーソナルリフト)


Copyright (C) 2011 MC-supply.Inc. All Rights Reserved.