高所作業車のエムシーサプライ
高所作業車専門 中古作業車   高所作業台   会社概要   問合せ

 トラック式高所作業車
 バスケット(スカイマスター)
 ・ AT-100TG
 ・ SK-099
 ・ AT-121TG(F)
 ・ AT-121TG(後方格納)
 ・ AT-130TG
 ・ SK-12A
 ・ SJ-12A
 ・ SJ-126
 ・ AT-155CG
 ・ AT-170TG
 ・ SK-210
 ・ AT-220TG
 ・ AT-230CG
 ・ SJ-240
 ・ AT-250TG
 ・ AT-255CG
 ・ SK-260
 ・ AT-270TG
 スーパーデッキ
 ・ AT-100S
 ・ AT-100SR
 ・ AT-115S
 ・ AT-120S
 ・ AT-120SR
 ・ AT-150ST型
 ・ AT-150SU型
 ・ AT-180S
 ・ AT-200S
 ハイパーデッキ
 ・ AT-400CG
 橋梁点検車
 ・ BT-100
 ・ BT-110
 ・ BT-200

 ホイール式高所作業車
 バスケット(スカイマスター)
 ・ AW-120TG
AW-185TG
AW-215TG
AW-250TG
AW-370TG
 デッキ/ステージ(リフト)
AP-40
GS-1930
SJ2-3220

 クローラ式高所作業車
 バスケット(スカイマスター)
AC-100TG
AC-121TG
 デッキ/ステージ(リフト)
AC-45SG
AC-65SG
HZ-90C
AC-125S
 ・

作業床平衡装置

 作業床平衡装置は、ブームの起伏角度の変化にかかわらず、常に作業床を車体又は地面に対し平衡な状態に保持する装置で、作業床から作業者の転落を防止するためのものである。

◆シリンダ式平衡装置
  (伸縮ブーム型)


 第1ブームと旋回台とに連結された下部平衡取りシリンダ及び第2ブームと作業床とに連結された上部平衡取りシリンダから構成されている。

 両方のシリンダは油圧ホース又は配管で連結していて起伏作動によって下部平衡取りシリンダから押し出された作動油が上部平衡取りシリンダを伸縮させ、常に作業床の平衡が保持される。

【注意】
 使用中にブームを上げると作業床の水平が保持されず傾いていくことがあります。

 平衡シリンダ内にエアが入っていますので、作業を中止して作業床の平衡シリンダの調整動作を何度か繰り返し、エア抜きを行ってください。
シリンダ式作業床平衡装置
 シリンダ式平衡装置(伸縮ブーム型)の例
◆ワイヤ式平衡装置
  (屈折ブーム型)


 ワイヤロープとガイドシーブを介して、一端は旋回台に、他端は作業床に固定されている。起伏及び屈折作動によってワイヤロープがガイドシーブ回りを移動することにより平衡が保持される。
ワイヤ式作業床平衡装置
 ワイヤ式平衡装置(屈折ブーム型)の例
下の写真【平衡シリンダの油圧が抜けた状態】
作業床が傾いた事例  長期駐車していると作業床の水平が狂い、傾いた状態になります。
バランスシリンダのコックを開け、ブームの伸縮操作で水平調整してください。

【注意点】
・ 調整の際には作業床には乗らな
 い事!

・ 調整後の油圧回路のコックを閉め
 忘れない事。

 落下事故につながります。

高所作業車部品販売中古高所作業車会社概要安全の手引き
| Geine【ジーニー】 高所作業車Genie【ジーニー】 高所作業台(パーソナルリフト)


Copyright (C) 2011 MC-supply.Inc. All Rights Reserved.